病気情報検索デスク

 トップ ≫ 便秘/下痢

便秘/下痢

便秘・下痢の病理

【便秘】

排便が3,4日以上もなく、かつ排便困難を伴う状態

種類 原因 改善法
弛緩性便秘 大腸全体が弛緩することで大腸の運動機能が低下することによる。高齢者、常習便秘者に多い。 食物繊維の多い食物をとる
痙攣性便秘 ストレスなどによる副交感神経の緊張による。過敏症腸症候群の一つ。 ストレスをためない。よく睡眠をとること。
習慣性便秘 排便の習慣が乱れたために、直腸が収縮しにくいことによる 規則的な排便習慣をつける。
【下痢】

下痢とは1日の糞便中の水分量が200ml以上に増加し、水様の便を排泄する状態を言う。

便秘・下痢の治療法

◆便秘
排便は一般に朝行われる習慣があるので、下剤は就寝前投与が多い。
刺激性下剤は、宿便除去、排便習慣をつけるためのもので短期間使用が原則(長期使用は腸管壁神経叢を壊してしまうため)。

◆下痢
軽症には乳酸菌製剤、抗コリン薬が用いられる。
中等度以上には乳酸菌製剤に加えて、収斂薬、吸着薬、ロペラミドを併用する。 下痢も本来有害物質を排除するための自己防御反応なので、できる限り無理に下痢を止めないようにする。

便秘の治療薬

塩類下剤
腸内の浸透圧を上げることで水分を吸引し、緩下作用を示す。多量の水分とともに服用がベスト。 習慣性がなく長期間の投与も可。
カマ、マグラックス
(酸化マグネシウム)
テトラサイクリン、ニューキノロン、ビスホスホネートとは×。
共通の副作用:

大腸刺激性下剤
大腸粘膜を刺激することで排便を促す。効果発現までに通常6〜8時間かかる ため、朝の排便を期待する場合は就寝間への服用が良い。連用にて大腸黒皮症をきたす。
ラキソベロン
(ピコスルファートNa)
腸内でジフェノール体となり大腸を刺激
テレスミン
(ピサコジル)
大腸検査の前処置に頻用される。
プルゼニド
(センノシド)
大腸で腸内細菌の作用によりレインアンスロンを生成→大腸運動促進。尿の赤変あり。
アローゼン
(センナ)
上記参照
新レシカルボン
(炭酸水素Na他)
直腸内で徐々にCO2を発生し、腸運動を亢進させる。主に習慣性便秘に使用

抗コリン薬
ブスコパン
(ブチルスコポラミン)
痙攣性便秘のみに使用

下痢の治療薬

アヘンアルカロイド
オピオイド受容体(μ受容体)に作用し、AChの遊離を抑制する。
ロペミン
(ロペラミド)
1日1〜2回。偽膜性大腸炎には禁忌。原則として細菌性下痢には用いない。

収斂薬
腸粘膜のタンパク質と結合し被膜を形成し、分泌と刺激を抑制することで止瀉作用を示す。
タンニン酸アルブミン
(タンニン酸アルブミン)
鉄剤とは併用禁忌。牛乳アレルギー、細菌性下痢に禁忌

吸着薬
腸内のガスや細菌などの有害物を吸着して粘膜への刺激を和らげ、止瀉作用を示す。
アドソルビン
(天然ケイ酸Al)
食前服用(栄養素も吸着するため)。Ca、Feなどを吸着する。

乳酸菌製剤
腸内で糖を分解して乳酸を産生し、腸内を産生にして有毒菌の発育防止 構内細菌叢の是正。
ラックビー
(スクラルファート)
牛乳アレルギーに禁忌
ビオフェルミン
(アルジオキサ)
牛乳アレルギーでも使用できる。
ミヤBM
(エカベトNa)
牛乳アレルギーに禁忌

過敏性腸症候群治療薬
腸内で糖を分解して乳酸を産生し、腸内を産生にして有毒菌の発育防止 構内細菌叢の是正。
ポリフル
コロネル
(ポリカルボフィルCa)
腸内にてゲル化し→便中の水分を調節することで便秘・下痢を改善する。 胃酸によりCaが離脱して作用を示すため、必ず食後に服用。コップ一杯の多めの水で服用する。
トランコロン
(メペンゾラート)
抗コリン作用を有し、下痢症状の改善に用いられる。
セレキノン
(トリメブチン)
μ活性→非競合的抗コリン作用。運動亢進時には抑制的に、運動低下時には亢進的に作用する 消化運動調律薬。慢性胃炎にも適応。



otherContents

・若葉狩り(親サイト)

・若葉狩りサイトマップ

・HP作成講座

・東邦大学ブログ

Copyright(C) Wakabagari. All rights reserved.