病気情報検索デスク

 トップ ≫ 慢性閉塞性肺疾患(COPD)

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

COPDの病理

COPDとは、慢性肺気腫と慢性気管支炎を併せた総称のことです。

慢性肺気腫 肺胞壁の破壊により、細気管支より末梢の含気区域が以上に拡大し、気道狭窄による換気機能が低下する病変。
慢性気管支炎 粘膜上皮の粘液産生亢進に加えて、線毛の消失により痰が貯留しやすい状態。咳や痰が2年以上続くのが特徴。 多量の痰を伴う咳が就寝時と早朝に見られる。

この2つの病変は同一患者に同時に見られることが多く、原因はともに、喫煙、感染症が大半を占めます。

COPDの治療法

上記で述べたとおり、長年にわたる喫煙により気管粘膜に痰がたまりやすい状態なので、普段はまず禁煙をするように させ、同時に去痰薬と気管支拡張薬(吸入抗コリン薬、β2刺激薬、テオフィリン製剤)、咳がひどいようなら鎮咳薬が使われます。 痰の量が急に増加してきた場合は細菌感染を併発している可能性が高いため、抗生物質の内服が必要です。

COPDの治療薬

気管支喘息の項参照



otherContents

・若葉狩り(親サイト)

・若葉狩りサイトマップ

・HP作成講座

・東邦大学ブログ

Copyright(C) Wakabagari. All rights reserved.