病気情報検索デスク

 トップ ≫ エネルギー代謝

エネルギー代謝

糖代謝(スタート:グルコースor脂肪)

糖代謝(スタート:グルコースorアミノ酸)

TCA回路から電子伝達系へ

脂質代謝

@、小腸でアポB-48と共に合成された原始カイロミクロンは、HDLからアポC-U、アポEを受け取りカイロミクロンとなる。
A、アポC-Uによって活性化されたリポ蛋白リパーゼ(LPL)によりトリグリセリドが除かれカイロミクロンレムナントとなる。 アポC-UはLPLを活性化するために必要。 LPLによるTG分解の際にもHDLが産生される。
B、カイロミクロンレムナントはアポEを介して肝臓に取り込まれる。
C、肝臓からは新生HDLやVLDLが産生される。
D、VLDLはLPLの作用でTGが除かれIDLになる。なおこの際にもHDLが産生
E、IDLは肝性トリグリセリドリパーゼ(HTGL)の作用でさらにTGを除かれより密 度の大きいLDLとなる。この時、必要なくなったアポEとアポC-UをHDLに渡す。
F、LDLはアポB-100を介して末梢組織に取り込まれコレステロールを供給し、過剰なLDLはスカベンジャー経路に入りマクロファージに貪食される。貪食により肥大化したマクロファージにより動脈硬化が起こる。肝臓や末梢組織のLDL受容体はVLDLやIDLはアポEを、LDLはアポB-100をリガンドとして認識し取り込む。
G、肝臓、小腸、LPL経路で産生された新生HDLは末梢組織から遊離型コレステロール(FC)を引き抜き、レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ(LCAT)の作用でコレステロールエステル(CE)となったものを取り込み、より大きなHDL2となるアポA-TはLCATを活性化するため必要
H、CE(コレステロールエステル)を取り込み肥大化したHDL2はコレステロールエステル転送蛋白(CETP)により、VLDL、IDL、LDLにCEを逆転送し、それと交換にTGを受け取る
I、転送後再び小さなHDL3に戻った後、HDL受容体(SR-B1)を介して肝臓に取り込まれコレステロールやTGを戻す。これらは、胆汁酸により糞便として排泄されたり、VLDLに取り込まれたり内臓脂肪となったりする



otherContents

・若葉狩り(親サイト)

・若葉狩りサイトマップ

・HP作成講座

・東邦大学ブログ

Copyright(C) Wakabagari. All rights reserved.