病気情報検索デスク

 トップ ≫ 虚血性心疾患

虚血性心疾患

虚血性心疾患の病理

虚血性心疾患とは冠動脈の動脈硬化を基盤として起こる一過性、持続性に心筋虚血を生じる 病変の総称です。これには心筋梗塞と狭心症が含まれます。

■狭心症
心臓に血液を供給する血管である冠動脈が狭くなり、供給される酸素量が不足し、胸骨後方の痛みや 胸部圧迫を感じる。痛みの持続時間は数分〜15分くらい。

・安静時狭心症 安静時、特に睡眠中の明け方に起こりST上昇を伴う(異型狭心症)。痛みは長く痛い。
・労作性狭心症 労作時、寒冷時、精神緊張時など心筋の酸素需要が高まるときのみ痛みを伴う。ST下降が見られる。

■心筋梗塞
冠血管に生じた血栓によって血液供給不足の心筋が壊死を起こすことにより発症し、 狭心症から進行する場合と、発作的に発症する場合とがあります。痛みの持続時間は狭心症より 長く、30分以上で数時間続くこともある。安静にしていても寛解しないのも特徴。STは上昇する。

虚血性心疾患の治療法

狭心症、心筋梗塞ともにSTに変化が表れるので心電図が有効です。また、冠状動脈に カテーテルを挿入し、X線造影し、冠状動脈の狭窄をみる冠状動脈造影(CAG)もよく検査に用いられます。 血液検査は心筋壊死を伴う心筋梗塞に用いられ、クレアチンキナーゼ(CPK)の上昇を見ます。

◆狭心症の治療
安静時狭心症の場合、第一選択薬はCa拮抗薬であり、発作時にニトログリセリン等硝酸薬を舌下で投与する。 β遮断薬は、冠攣縮を悪化させる可能性がある用いない。

<舌下錠の使用法>
舌下または頬と歯茎の間に挟んで自然に溶けるのを待つ。1〜2分で効果が発現するが、5分程度して まだ痛みがあるときはさらに1錠追加する。座位or横になって使用すること。3錠まで使っても 効果がない場合は・・・。製剤が劣化しやすいので3〜6ヶ月で新品と交換する。

<舌下スプレーの使用法>
噴霧剤は1回1噴霧で、効果不十分のときは1回1噴霧に限り追加、噴霧後、深く息を吸い込まないように 注意する。

<テープ剤の使用法>
1日1回貼り付ける(場所を変えて貼る→かぶれ防止)。胸部、背中、上腕部に貼付。開封後1ヶ月以内に 使用する。

<徐放剤の使用法>
徐放剤は1日2回投与する。噛み砕かない。

◆心筋梗塞の治療
普段はアスピリン、チクロピジン、ジピリダモール、ワルファリン などの抗血小板薬、抗凝血薬にて血栓形成を予防し、発作時の胸痛にはモルヒネ、不整脈にリドカインの静注 が主として使用される。

虚血性心疾患の治療薬

硝酸薬
体内でNOに変わり、血管を弛緩させる。
ニトロペン
ミオコールスプレー
ニトロダームTTS
(ニトログリセリン)
速効性。くわしくは上記参照。ニトロダームTTSは24時間持続的に放出。
ニトロール
アパティアテープ
(イソソルビド)
持続性。発作予防に4〜8錠を3回に分けて投与。発作時は噛み砕いて舌下投与する(錠剤)。
共通の副作用:血圧下降

Ca拮抗薬
安静時狭心症には朝の発作を抑えるために就寝前・起床時の1日2回使用する。
ヘルベッサー
(ジルチアゼム)
血管拡張、心筋に対する作用を中等度にもつ。
ワソラン
(ベラパミル)
房室伝導抑制作用、心筋収縮抑制作用が強い。

β遮断薬
運動時の血圧上昇、心拍上昇を抑制する。労作性狭心症のみの適応

冠拡張薬
ペルサンチン(L)
(ジピリダモール)
Lは徐放剤で1日2回。
コメリアンコーワ
(ジラゼプ)
アデノシン増強作用があり、ジピリダモールと類似の作用を持つ。
シグマート
(ニコランジル)
ニコチン酸アミド誘導体。緑内障、シルデナフィルに禁忌。
ロコルナール
(トラピジル)
循環機能改善作用、血小板凝集抑制作用、TXA2阻害作用など
共通の副作用:血圧低下



otherContents

・若葉狩り(親サイト)

・若葉狩りサイトマップ

・HP作成講座

・東邦大学ブログ

Copyright(C) Wakabagari. All rights reserved.