病気情報検索デスク

 トップ ≫ めまい

めまい

めまいの病理

めまいには、回転性めまい(目がぐるぐる)、動揺型めまい(ふわふわ揺れる)、失神型めまい(失神感のある) の3つがあり、その中でも病位によって前庭性めまいと非前庭性めまいに分けられます。 前庭性めまいは、内耳前庭から小脳にいたる前庭神経系に障害があるものを指します。
内耳迷路〜前庭神経核までに障害・・・末梢性めまい(メニエール、薬物)
小脳〜前庭神経核までに障害・・・・・中枢性めまい(血行障害)

メニエール病とは、内リンパ水腫など、内耳迷路の過大刺激により、耳鳴り、回転性めまいが発作的に見られる 病態をいう。

めまいの治療法

血管拡張薬、H1遮断薬らでめまい症状を抑える。

めまいの治療薬

血管拡張薬
非選択的β遮断作用に加えて、α1遮断作用による血管拡張作用も有する。
セファドール
(ジフェニドール)
椎骨脳底動脈血流増加により内耳障害によるめまいを改善。
メリスロン
(ベタヒスチン)
内耳の毛細血管を弛緩し血流増加、血管透過性改善により内リンパ腫を除去。
共通の副作用:胃部不快感など



otherContents

・若葉狩り(親サイト)

・若葉狩りサイトマップ

・HP作成講座

・東邦大学ブログ

Copyright(C) Wakabagari. All rights reserved.