病気情報検索デスク

 トップ ≫ 脳波

脳波

脳波の測定法

10/20電極配置法・・・ O1、O2に対応する大脳皮質は視床下部である 頭皮電極接着時の電気抵抗=10kΩ以下

脳波の種類(正常時)

低血糖や低酸素状態で脳波は徐波化する。
■成人

脳波の種類 周波数(振動数) 分類 特徴
δ波 0.5〜4Hz 徐波 深い睡眠時(REMではない)に現れる
θ波 4〜8Hz 浅い睡眠時に現れる
α波 8〜13Hz 没頭、瞑想時など覚醒状態ではあるが意識があまりない状態
β波 14〜30Hz 速波 覚醒時、心配事、イライラなどの状態
γ波 30Hz以上 怒ってる状態
紡錘波 12〜14Hz θ波と混在、薬物睡眠でも出現する。中心・頭頂部優位に現れる

■小児
年齢に応じた徐波が現れるので、高振幅の突発性徐波が現れても必ずしも異常とはいえない 時に左右非対称の脳波が観測されるときがある(異常) 紡錘波は生後2ヶ月から現れるようにある

■高齢者
脳の萎縮がみられ、α波の周波数が減少する

睡眠時脳波

睡眠時の脳波の移り変わりは以下のようなものである。 (通常の睡眠はB〜Eの繰り返し)

@覚醒期・・・α波が出ている状態
A入眠期・・・α波の消失と低振幅のθ波出現
B浅眠期・・・紡錘波の出現――→K-複合波との混在
C中睡眠期・・紡錘波とδ波の混在
D深眠期・・・紡錘波が消え、δ波が優勢になる
EREM(rapid eye movement)・・高振幅だったものが低振幅のθ波とβ波に変わる

浅眠期までに異常所見が現れやすいため、睡眠賦活検査ではこの期間を長く記録する REM期は呼吸などの自律神経系活動は変動し、筋の緊張が低下

波形と疾患

番号は上記の番号。表示されない場合は・・・。

波形 状態
6Hzおよび14Hz陽性棘波 A、B
側頭部棘波(キョウ=トゲ) B、C、複雑部分発作
3Hz棘徐波複合 てんかん(欠伸発作)
3Hz以下棘徐波複合 レンノックス症候群
三相性波 肝性脳症
前頭部律動性δ波 深部腫瘍
焦点性δ波 表在性腫瘍
α昏睡 脳幹出血
ヒプスアリスミア ウェスト症候群

脳波の種類(異常)

脳腫瘍 徐波が局在して現れる
意識障害 α波の徐波化(広汎性の徐波)がみられ、局在性の異常所見が見られることがある 程度により差はあるが原疾患による差は少ない
昏睡状態 δ波、θ波が中心となる。しかし、α波が連続して出現するα昏睡もある
てんかん患者 すべてに共通して不規則棘徐波複合が見られる。 欠神発作は過呼吸に誘発されやすい
ナルコレプシー 入眠直後にREM睡眠がある



otherContents

・若葉狩り(親サイト)

・若葉狩りサイトマップ

・HP作成講座

・東邦大学ブログ

Copyright(C) Wakabagari. All rights reserved.