病気情報検索デスク

 トップ ≫ 嘔吐

嘔吐

嘔吐の病理

嘔吐は嘔吐中枢の興奮によって引き起こされますが、嘔吐中枢を刺激する経路には次の4つがあります。

反射性経路 :肝臓、胃などの消化器刺激が求心性迷走神経を刺激→嘔吐中枢
反射性嘔吐 :内耳迷路の刺激→嘔吐中枢
中枢性嘔吐1 :延髄CTZの刺激→嘔吐中枢
中枢性嘔吐2 :大脳皮質の興奮→嘔吐中枢

嘔吐・下痢症の症状はその名のとおり、悪心、下痢、発熱、腹痛であるが、大半がウイルスを原因とする感染性胃腸炎 であり、ロタウイルス(1〜3月)、ノーウォークウイルス(10月〜1月)が大半を占める。治療は、まず整腸剤で バランスの崩れた腸内細菌叢を元に戻し、ナウゼリンなどで嘔吐を抑える。ウイルス性の下痢は、薬で無理に とめると回復が遅くなるので、止痢薬は下痢が続いて体力が極度に消耗した場合などに限り一時的に使用する。

嘔吐の治療法

反射性経路では、胃の消化不良などによる消化管刺激が原因となりますので、消化管の運動を 助ける上に、CTZも抑制するD2ブロッカ−が第一選択となります。

反射性嘔吐はメニエール、めまいの1症状となります。前庭神経核のムスカリン受容体を遮断する 抗コリン薬が第一選択となります。

中枢性嘔吐はCTZのD2受容体と5−HT3受容体を遮断するD2ブロッカー、5−HT3遮断薬が第一選択となります。

嘔吐の治療薬

D2遮断薬
CTZのD2受容体を遮断することで嘔吐を抑える。消化管の迷走神経末端のD2受容体も遮断し、ACh遊離を促進し消化管運動 を促進する。すべて食前15〜30分前に服用。
プリンペラン
(メトクロプラミド)
ナウゼリンに比べるとBBBを通過しやすいのでCTZへは行きやすいが、錐体外路の副作用が出やすい。
ナウゼリン
(ドンペリドン)
錠剤は30分で効果出るが、坐薬は2時間程度かかる。坐薬の半減期は7時間ほどなので、 錠剤に切り替えるときは7時間以上空けて服用させる。
ガナトン
(イトプリド)
コリンエステラーゼ阻害作用も持つ。
共通の副作用:下痢、腹痛、月経不順(プロラクチン↑のため)、振戦など

5−HT3受容体遮断薬
CTZの5−HT3受容体を遮断する。胃の5−HT3受容体も阻害してしまうので、使い道は限られる。
ナゼアOD
(ラモセトロン)
悪性腫瘍薬による嘔吐、モルヒネによる嘔吐などに適応。ラシックス、マンニトール、ルネトロンと禁忌

5−HT4受容体刺激薬
胃粘膜の5−HT4受容体を刺激する。
ガスモチン
(モサプリド)
食前or食後服用(できれば食前が望ましい)。

局所麻酔薬
胃粘膜の知覚神経を麻酔し、反射性嘔吐を抑制する。胃炎、胃潰瘍に伴う嘔吐に適応
ストロカイン
(オキセサゼイン)
1日3〜4回



otherContents

・若葉狩り(親サイト)

・若葉狩りサイトマップ

・HP作成講座

・東邦大学ブログ

Copyright(C) Wakabagari. All rights reserved.